伊能忠敬e史料館
         “伊能忠敬”に関してあらゆることがわかる百科事典(Inoh_Tadataka-Encyclopedia)です。
TOP > 《伊能忠敬と伊能図の大事典》サイトマップ > 伊能図閲覧室 > 7.官庁、外国の施設

7.官庁、外国の施設
--------------------------------------------------------------------------
日本学士院
 大谷亮吉氏が「伊能忠敬」を編述した際に資料として制作されたと思われます。
明治42年(1909)冬東京帝国 (現東京)大学に保管中の伊能家呈出の控図を模写したもので伊能中図全8枚そろっている。一番新しい模写なので色彩は美しく朱の側線が目立つ。
 
イタリア地理学協会
 イタリア地理学協会のロベッキー・コレクションの中にある「伊能中図」 。ロベッキー氏はイタリ アの初代駐日総領事で , 助治維新の前年の慶応 3 年 (1867) に来日し , 日本地図など各種の情報収集を 行いました。本図は全 8 枚構成です。地域割りは学習院大学の「中図」と全く同じで , 『日本東半部 沿海地図中図』の奥州の部を南北に二分し , 関東・中部を東西に二分したものと , 蝦夷地の部 , 文 化 4 年 (1807) 提出の畿内 , 中国沿海図および文化 6 年 (1809) 提出の四国沿海図の 8 枚を写した写図です。
 本図の特徴は , 文字がすべてカタカナで記載されていることです。国立国会図書館にあるカタカナ書きの「伊能図」( 特別小図 ) は国名 , 郡名は漢字ですが , 本図は国名 , 郡名もカタカナ書きで す。ただし , 学習院大学「中図」にある領主名はありません。描画は簡略で , 測線沿いに地名を記すほか , 城下 , 宿駅 , 国界 , 郡界 , 天測地などの合印を記入しています。
沿道風景は簡略ですが , 方位線 , 経緯線 , 接合記号があり「伊能中図」の様式は整っています。 このような測量途中段階のカタカナ書きの「中図」が当初からあったとは考えられないので , 多分 情報収集中の外交官が手書きの「伊能図」をカタカナで模写させたもので , 最終図にはアクセスで きなかったものと思われます。ロベッキー氏が日本を離れた時期は不明ですが , 同じコレクションの『官板実測日本地図』には 1869 年の年記があり , いずれにしても , イタリアの国家としての完全統一は 1870 年なので , 統一以前から日本情報の収集が行われていたことを示す図です。

 
グリニッジ国立海事博物館
 英国小図 ( 本州東部・部分 ) 最終版伊能小図の江戸周辺を拡大したもの。 英国の測量艦隊は館山を基地として、江戸湾の入口付近を執揚に測っていた。鉛筆の方眼線は英国海軍によって書き込まれたもので、伊能小図を自国の海図に引き写すために使われたという。
 
国立公文書館内閣文庫
 伊能図(奥州・蝦夷地図の一部)
 日本国地理測量之図および東三十三国沿海測量之図(沿海地図)の二舗を大形の木箱(縦80cm、横60cm程度)に収納する。
 日本国地理測量之図は、伊能特別小図の周辺に多数の各種数値表を配置したものである。
 東三十三国沿海測量之図は沿海地図小図の縮尺を1/2にしたものに、数個の数値表を配する。両図とも徳川幕府の紅葉山又庫本と伝える。
   (続きはPDFをクリック

 
国立史料館
 
宮内庁書稜部

<< 戻る >>



*