伊能忠敬e史料館
         “伊能忠敬”に関してあらゆることがわかる百科事典(Inoh_Tadataka-Encyclopedia)です。
TOP > 《伊能忠敬と伊能図の大事典》サイトマップ > 伊能測量漫筆

伊能測量漫筆
 
                                                      渡辺一郎   (イノペデイアをつくる会 会長


19話  新しい伊能測量船団絵巻の出現
 2012年12月に配布された思文閣出版(京都)の古書目録に、新しい伊能測量船団絵巻が出ていると、呉市の入船山記念館の津田さんから連絡があった。北海道在住の伊能忠敬研究会員で北方図・伊能図研究家の高木さんにお話したら彼も注目していた。コピーをもらったが、値段が262,500円とえらく安い。

これはお宝発見と、津田さんに聞いて貰ったら売却済だという。逃がした魚は大きいというが、静かな忠敬ブームが続いている現在、この図は是非世の中に出てきて欲しいと思う。売って貰わなくて結構であるが、史料として写真を撮影させて戴けるとありがたい。
 
 有名になれば、価値もあがるだろう。このメッセージが、伊能測量に御関心があるであろうお買主の方に届くことを期待している。
 
小さなカタログ画面を熟覧すると、描画のトーンは呉市入船山記念館保管の、伊能測量風景を描いた浦島測量の図と大変よく似ている。梵天や象限儀があって海岸の測量場面に間違いはいなく、沿岸の描き方、人物の描写・動作や、親船があってお供の船が続いているなど、浦島測量之図と同時期に描かれたように思われる。
 
法量は縦29.1cm(浦島図は26.5cm)、横260cm(浦島図420cm)であるから、形態もほぼ似た巻子本である。江戸後期、巻末に朱印というから興味深い。
 
親船には曳船が描かれ綱で引いている。広島藩の測量船団構成記録のなかに、漕船と出てくるので、多分曳船だと思っていたが、この絵巻では一目瞭然で、曳船が親船を引っ張り、親船から旗を振って指示が出ている。曳船が描かれた伊能測量船団絵巻は初めてである。

 当時のものと考えると値段が安すぎるなと、知り合いの古書店に聞いてみたら、思文閣は確りした書店で、値付けに問題はないと思う。写しなのではないか、との意見だった。
 
写しでもなんでも、当時の風景を描いたもので、それしか無ければ、中央紙の一面に登場しておかしくない貴重な大発見である。ぜひ実見調査したいと考えているが、古書店の仁義として、売り手、買い手の名前は明かしてもらえない。

 是非、御本人から名乗り出ていただけると有難いと思っている。眼福に預かれるなら、これまでの伊能忠敬と伊能図に関する知見にもとづいて、適切に評価し、広く世間一般に紹介したいと考えている。ご連絡をお待ちしています。


第18話 伊能測量の費用試算@  幕府が払った経費
 2012年10月放映のNHK・BS歴史館の番組制作に付き合っていて、伊能測量は今のお金でどのくらいかかったのか、調べてほしいといわれ、試算をおこなってみた。費用は幕府が払った分と地元の負担に分かれるが、幕府が伊能隊に支払った旅費・手当の方は比較的簡単である。伝記作者・大谷亮吉が著書「伊能忠敬」(585頁)のなかで、史料にもとづき詳しく述べている。おかしな部分を補正しながら考えてみたい。


第17話 伊能忠敬の食べ物の好物


千葉県史料{伊能忠敬書状集}から娘の妙薫にあてた書状の中に出てくる食べ物に関する記述を収録しました。口語体に書きなおし、発信年月別に並べています。すべて、没年まで6年以内の晩年の書状からです。番号は伊能忠敬書状集の整理番号です。
  (続きはpdfをクリック


第16話 福岡藩士・青柳種信(四七歳)に惚れ込む

房総郷土資料のなかに「筑紫史談」の記事として、青柳種信と忠
敬のことが出てくるが、忠敬の人柄がよく出ているので紹介したい。
伊能隊の来着がきまると、地元の諸藩、村々では接遇および作業
支援のため、自主的に測量経験のある地区に聞き合いの使いを出して情報を集めはじめる。
村々には一年以上前から、幕府勘定奉行からの先触れがまわった。村は伊能隊を受け入れる直接の当事者であるから、藩の指示がなくとも自発的に行動をおこす。藩の方は全てを村側にまかせ、報告を聞いてポイントにだけに藩の意向を反映させることもできた。 他藩との振り合いで、使者を立て土地の名産を進物をするとか町
奉行、郡奉行、浦奉行、代官などが挨拶することは、各地の藩でお
こなわれたが、西国の諸藩では、領内の大庄屋たちに「うまくやれ」
といってまかせてはおけなかった。藩士を付き添い役に任命して、
大庄屋たちの指導にあたらせたところが多い。
筑前の国学者として著名な福岡藩士・青柳種信は、通称を勝次と
いい、柳園と号した。六石三人扶持の下級武士の家に生まれたが、1782年(天明二)一七才のとき、江戸藩邸詰めを命じられて出府。四年間江戸に住み、藩主侍読・井上南山に儒学を学んだ。 1789年(寛政元)、ふたたび江戸詰めの命を受けると、道を伊勢路にとって松坂の本居宣長の下に至って入門し、鈴の屋門下として江戸に着いた。在府中、賀茂真淵門下の高弟と交わる。
その頃、香取神宮、鹿島神宮にも遊んだことがあるという。以後国学の研鑽につとめ、筑前における国学の始祖となった。 1808年(文化五年)浦奉行井手勘七のもとで浦方附き頭取となる。1812年(文化九年)伊能忠敬が測量にくると、藩命により御手当附廻りを命じられ、浦方出入・山田宇平を同道し、大庄屋、庄屋など多数を召連れ、小倉境に出迎えた。
続きはpdfをクリック

第15話 間宮林蔵は忠敬の門人


 間宮林蔵は伊能忠敬の弟子である。その証拠は、九州測量第二回目の旅立ちにあたって、間宮林蔵の求めに応じて与えた「間宮倫宗に与える序」のなかに記された内容で十分である。
また、忠敬は伊能測量隊が測量していない部分は伊能図には書かなかった。他人が作った資料は一切あてにしないという厳しい実証主義を貫いたということである。そのなかで、唯一の例外が、間宮林蔵の測線である。最終本・伊能図の北海道部分は、間宮の測量した蝦夷地北西岸のデータを活用してまとめられた。
間宮が弟子で、忠敬が最大限の信頼をおいていなかったら、こういうことはありえなかったであろう。
その間宮の墓は、出生地の埼玉県・伊奈町にもあるが、富岡八幡宮にほど近い江東区平野町にある。墓碑前にある東京都江東区教育委員会の解説はつぎのとおりである。

間宮林蔵は安永九年(一七八○)、一説には、安永四年、常陸国筑波郡上平柳村に生まれ、天保一五年(一八四四)に深川蛤町の家で没した。名は倫宗(ともむね)といい、伊能忠敬に測量を学び、寛政一二年(一八○○)に幕府の蝦夷地御用雇となり、蝦夷地をはじめとする北地探検と測量に従事しました。
文化五年(一八○八)幕命により、松田伝十郎とともに樺太(サハリン)を探検した。林蔵は翌年七月二日単身樺太からシベリアに渡って沿海州に入り、黒竜江(アムール河)をさかのぼり、デレンに達し     
ました。この一五ヶ月におよぶ探検で、樺太が島であることが明らかになりました。林蔵は後に間宮海峡と命名される海峡を、欧州に先駆けて発見したことにより、地理学者、探検家として世界的に著名になりました。

簡にして要を得た解説である。特に付け加えることはない。あるとすれば、林蔵が何時忠敬の弟子となったかの一点だけである。「間宮倫宗に与える序」では第一次測量の途中で逢って弟子にしたとあるが、当時林蔵は村上島之丞の従者であり、やや疑わしい。
つぎの機会は、第七次測量から帰着して第八次測量出発までの間である。忠敬宅を八回くらい訪問している。間宮来るとしか日記にはないが、多忙な忠敬と茶飲み話などはありえない。蝦夷地測量指南を受けていたと考えられる。このとき林蔵はすでに、樺太探検を果たして名士であった。忠敬がさかのぼって入門を認めたことは充分ありうるだろう。

第14話 江戸の交通・通信
江戸時代の交通事情についてHPを眺めていたら、やさしく説明してある記事をみたので、紹介し補足する。青色は原文である。

●伝馬役 宿駅は公用旅行者の利便のために設けられたもので、伝馬役(でんまやく)が第一の任務でした。宿駅には問屋が置かれ、馬や人足が常備されて、幕府の公用旅行者は将軍名義の朱印状や老中・京都所司代等が発行する証文によつて、その文面に示された数の人馬を次の宿まで無賃で、またその数を超過する分は御定賃銭で使用することができました。 大名などは、その身分・石高に応じて定められた範囲で、御定賃銭で人馬を使用することができ、それを越える分は相対賃銭で人馬を使用しました。相対賃銭は人馬使用者と駄賃稼ぎの者とが相互に交渉して賃銭をきめるもので、御定賃銭の二倍というのが相場でした。 一般旅行者も宿駅の人馬に余裕のあるときは、相対賃銭によってこれを使用することができました。

このような制度によって、伊能忠敬は第3次測量以降、勘定奉行連署のお証文で定められた数の人馬を無賃で使用できた。ただ、これはあくまで主要街道の話であって、伊能が測った沿岸各地に適用されたかといえば、そんなことは無かったであろう。
沿岸集落は幕命により懸命に人足を集め、許可された定数を遥かに超えた人数が拠出された。

(詳細はpdfをクリック)



第13話 酒造家 「伊能三郎右衛門家」

 しぱらくぶりに日比谷の日本生命ビルに用事があって、帝国ホテルから日比谷の映画街を散歩していて、ビルが一つ無くなって空き地になっているのに驚いた。
帝国ホテルは毎年NTT_OB会があるので、行くことが多いが、すぐ直前の地下鉄に人るので、あまり周りを見ない。銀座で開かれる伊能アトリエの発表会にはたまに行ぐが、このときも帝国ホテルの横を通り抜けるので、あまりキョロキョロするわけではない。 何気なく漫歩していたら、三井銀行本店の階のビルが並くなって人口芝を張った広場になっていた。

 土一升、金一升の土地にブレハプ小屋を数件建てて、休憩室やコーヒーショップとし、椅子テープルを出して憩いの場となっている。ビルの谷間の憩いの場提供なら味なことで、丸の内に出来たBRICスクェアの向こうを張って三井グルーブが提供したのなら、よしよしと思ったが、それには少しグレードが低いな。やっぱり資金繰りで建築計画を延期したまでで、いずれはビルに戻るかな、などと余計な詮索を一人でしながら見渡す。
 
 端の方に菊正宗の酒蔵っぽい建屋があるので、覗いて見た。仮設の菊正宗記念館で三百五十年続いているという灘の菊正宗の説明展示が飾っであった。カウンターがあってバータイムと称して生原酒を一杯二百円で売っていた。

 つまみが無く酒だけなので、よぐ効いて少し口が滑らかになったところで記念館事業部担当という名刺を持った女性に聞いてみた。伊能忠敬を知っているか。勿論知っている。忠敬のことを調べている者だが、伊能さんは酒屋だった。醸造石数1400石、米搗きまで入れると酒作りの時期にほ50人位働いていたと記録にある。

 「お宅は二百年前にお酒を作っていたか。」「勿論です。350年やっています。」「それなら、1800年頃は何石くらい作っていたの。そのとき現場従業員は何人くらいだったの。」「いや〜、それは調べてお返事差し上げます。」「話の種に面白いから、なるべく早く教えてよ。」「わかりました。」
  出口で「ここはいつまでやってるの?」と間くと、一ケ月間の約束一で日本酒のPRとしてやっているとのこと。朝限がきたら全部撤去するという。この頃日本酒の売れ行きが減っているので、巻き返し作戦とか。なお聞くくと、現在、菊正宗では本格的な仕込みをする杜氏は30人位、「それは少ないね。」といったら、エ場的にいつも作つている従業員は他に三百人くらいいて、年に十万石を作るという。
 
 本格的なお酒はどうやら一割くらいらしい。安い酒は飲んではいけないんだな、と思いながら電車に乗つたら、難の菊正宗記念館3の館長さんから携帯にかかってきた。1810年の酒造石数は四千二百石、伊能家の三倍だ。1820年は八千石、その六年後には一万二千石というお話で、このときは灘でもトップクラスだったらしい。
 
 当時、菊正宗では、一蔵干石といって、一つの蔵は・従業員15人で干石を作っていたという。ただこれには米揖きは含まないとのこと。伊能家の数字は米搗きを含んでいるので、どう考えたらいいか聞くと、半分以上米搗きでしょうとの返事。30人米搗きと考えると、醸造は20人、大体バランスするようである。
 
 日本酒の立ち飲みから大分脱線し、伊能造り酒屋の研究(?)が進んだが、伊能家の素顔、測量隊の日常などでは、まだまだ分からないことが多い。皆様身近なところから研究(?)を初めてみてはいかがでしようか。
 
 以前に伊能忠敬は長命だったか、というテーマで同時代の有名人の没年を比較をしたら九州の石川さんが更に詳しく調べていただいたことがあります。
 
 テーマは身近に転がっています。例えは・伊能家の財産三万両といわれているが、どのぐらいの金持ちだったのでしょぅか。越後屋呉服店とか松坂屋などと比較して番付はどうだったでしようか。
 江戸町人の研究は色々ありますから、すぐわかるでしょう。大金持ち(?)といわれている伊能三郎右衛門家は同世代では何番目だったか、キツコーマンの茂木家と比べたらどうだったかな、など研究テーマとして面白いでしよう。調べた人はいませんから新規性充分です。
 
 年末の持ち越し金八千両と記録がありますが、それって多いのか、少ないのか。また当時のGDPは何万両かな。等々、派生して色々と伊能学は展開します。伊能忠敬を通してみた江戸学でもあります。
 
 測量隊にしても、歴博の山本教授にいつか言われたことがあります、洗濯はどうしたんでしようか。日程は一泊のところが大部分です。洗濯をしても乾かすことが出来ません。洗濯物を持つて旅行する旅人の絵があるそうですが、洗濯持って測量はできないでしよう。二伯するのは十日に一回くらい、これは多分休暇だったと思います。洗催日にはなり難いのではないでしょうか。
 
 褌などは買えばいいですが、下着など捨ててゆくわけにもいかないでしよう。作業衣も替りがいりますね。測量記録をよく読んでいるのですが、そういう記録には出くわさないのです。 妄言多謝。
 

第12話 伊能測量隊の宿泊代

 第三次測量以降では、旅行のための荷持の運搬、測量器具輸送のための人足は無料で宿場から提供された。幕府公用の扱いに昇格したということである。しかし、幕府や藩から手当が出るわけではなく、宿場が役務として課せられた仕事だった。その代わり課税面でメリットがあったり、一般人相手の宿場営業で収益があったりしたが、色々問題が多かったようであるが、ひとまずおいて、今回は宿泊代のことを書いてみる。
 
当時の休泊施設のことをHPで調べていたら、こんなことが出ていた。
 「幕府公用の役人や大名等の宿泊設備としては本陣及び脇本陣が、一般の人達の宿泊設備としては旅籠屋があった。本陣について、幕臣を先祖に持つ作家岡本綺堂は「風俗江戸物語」に、徳川家の武士が御用を帯びて出張する場合、原則本陣に泊まることになっていたが、本陣の汚さは御話にならなかった。大名でも旗本でもよく我慢した」と書かれているそうである。
「宿泊賃は、普通の宿屋の場合、百五十文から二百文(相対賃銭)、本陣では武士一人百文位(御定めの賃銭)であった」と云う。

一寸、信じ難い話だが、伝承として、あながち無視もできないだろう。私も昔、古文書の勉強をしていたとき、グループの長老に、幕末の外国奉行・竹本淡路守の子孫という方がおられた。あとで、幕臣の子孫の方を集めて、徳川柳営会を作り会長をしておられたが、勉強の合間に、よく江戸城中のことを伺った。竹本さん曰く。

 「城中では、冬でも足袋をはけるのは将軍だけ、また、座布団に座れるのも将軍だけだった。他のものは屋敷に帰れば殿様でも、城中は家臣だから、足袋、座布団などとんでもない。特に許された人以外は使えない」ということだった。将軍御前はそうとしても、事務室には座布団くらいは、と思いたいが、そうではなかったらしい。

 各地の記録によると、伊能隊の宿舎は本陣のあるところは、原則として本陣だったことは間違いない。街道ばかりでなく海岸なども測っているから、宿泊地に本陣が無い場所はいくらでもあった。そういうところでは、百姓やとか大きな農家に泊まったが、第5次以降では人数が多くて、一軒に泊まれず、分宿、寺の利用などがおこなわれた。場所によっては、臨時に本陣を決めた場所もある。

 夜は天測があり、データ整理の残業があったから、隊員が離れていては不都合だったろう。また、寝室は相部屋は当然だった。忠敬と上司の景保の弟善助と同室、内弟子グループ、下役グループ、従者の部屋などと分けていた。

 宿泊代は一泊幾らではなく、木銭と米代を払っている。例えば、第5次測量の江州鎌掛村の記録では、宿泊料は木銭で上分(若党以上)36文、下分(従者)18文、他に米代一人白米5合で、ここでは38文を払った。上分で一夜74文、下分は56文で、前掲のお定めの賃銭よりさらに安い。他の記録でも、その土地ごとに定められた木銭と米代を相場で払った例が多い。木銭は泊まり賃、米代は米に換算した食事代ということであろうか。

 忠敬は宿泊代の受取帳を持っていて、支払いを受けた村役人はこの帳面に押印したとある。一汁一采で馳走はいらぬと先触れでは必ず断っているが、地元としてはそうはいかなかった。一汁三采くらいが普通で、大藩では領内に入った夜と、最後の夜は一汁五采くらいが多い。打ち上げではお酒も出され、村側も役人が出て宴会になった。

 お酒の話は別の機会に書くが、普段は、天測とかデータ整理があり、残業を前提に日程が組まれていたから、食事にお酒をのんではいられない。忠敬は、お酒は飲まない。酒は無用、酒飲みは連れていない、といっているが、実態はそうでもなかった。

 宿舎側が一番気を使ったのは、料理、風呂場、トイレだった。何処でも大変気を使っており、風呂場、トイレを新設したところも多い。しかも身分社会なので、上分用、下分用の2種類が用意された。料理は専門の料理人を、材料込みで雇ったところもある。 木銭、米代などは話にならなかった。       
2011.9.27.         



第11話  御用先触れの威力
 これまでに、第一次測量と第二次測量の先触れが登場したが、先触れについて書いてみよう。
     (詳細はpdfをクリック)



        (第10話までは[次を表示]をクリック)
<< 前を表示 | 次を表示 >>

<< 戻る >>



*